木根尚登.com
  • 04.12.2017
  • 木根尚登作 絵本 「鬼」と名付けられた子ども 発売

oni

 

 

●TM NETWORK 木根尚登が書き下ろした、いじめ撲滅をテーマにした絵本

●「涙活」発案者の寺井広樹が自身の実体験をベースに原案を書いた心温まる物語

 

 

 

タイトル:「鬼」と名付けられた子ども

発売日:2017年7月10日(月)

著書:木根尚登・寺井広樹

価格:1,620円(税込)

出版:TOブックス

ISBN:9784864725903

 

販売サイト

http://www.tobooks.jp/

http://www.toenta.co.jp/store/

 

【あらすじ】

「鬼」と名付けられた子どもが学校でいじめにあう。

居場所をなくし不登校になり、命を絶つことを考えた矢先、知らされた名前の由来。

どんな思いで親が名前をつけてくれたのか、

どれだけ愛されて、望まれて生まれてきたのかを知ることになる。

 

 

著者について

 

原案:寺井広樹

涙活プロデューサー

涙を流すことで心のデトックスを図る「涙活」を発案。

ハウステンボスの泣けるアトラクション「涙箱」や

TV番組「タカトシの涙が止まらナイト」に企画段階から協力。

『ぼくの天国ポスト』、『べしらわ君』(ともに志茂田景樹と共著)など絵本を多数出版。

 

 

 

:木根尚登

1957926日東京都生まれ。

1984年小室哲哉、宇都宮隆と共にTM NETWORK としてデビュー し「Get Wild」で

一躍ブレイク。1994年、東京ドーム2日間で10万人を動員。2014年には30周年を迎え、全国ツアーを展開。

また1989年にはファンタジー小説「CAROL」で小説家デビューをし40万部のベストセラーとなる。

現在まで著書30冊を出版。最近では、ミュージカル、舞台、バラエティー番組にも多数出演。

2017 421日から、TM NETWORK結成34年目に突入。ソロとしては25周年となり、劇団こどもみかん旗揚げ。

 

 

 

 もずねこ

本名、船山禎紀。北海道在住のイラストレーター。

デジタルでアナログの質感を表現し、

可愛らしくどことなくシニカルな絵を描く。

イラストを手掛けた作品に、

絵本「猫のプシュケ」、「雪の女王」(TOブックス刊)などがある。

公式サイト(http://mozneko.boo.jp/